02/21(水)の営業時間10:00-16:30

STAFF BLOGスタッフのひとりごと

2022.09.17

意外と知らない?火の消し方②

時間がない時は
火を弱める時に行ったように
一旦薪どうしを離して炎を消します

その後火ばさみや小型スコップを使って
水が入ったバケツに燃え残った炭や薪を入れていきます

この時必ず先にバケツに水を入れておいてください。
空のバケツに直接火のついた炭や薪をいれてしまうと
熱でバケツに穴が開いたり、バケツを置いている台が焦げたり、
非常に危険です

下の写真では時間がたって冷えた炭を入れているので
水は少ないですが、
熱いままの炭を処理する場合は
バケツの半分程度を目安にしてください
火が付いた炭を冷やすには意外とたくさんの水が必要です

またバケツに炭を入れる際、一気に多くの量を入れると
水蒸気爆発を起こしてしまうこともあるので、
少しずつ丁寧にバケツに移していくようにしてください

処理が終わって冷えた炭はキャンプ場指定の場所
へ持っていくようにしましょう。

これで火起こしから火消しまで作業完了です。

火消壺をお持ちの方はよりスマートに消せますし、
木炭の再利用もできますが、その方法はまたいつか。


次回は炭への火付けの仕方です
B・B・Q!B・B・Q!

ARCHIVE
アーカイブ

2024年
  • 2月(1)
  • 2023年
  • 11月(1)
  • 9月(3)
  • 7月(1)
  • 5月(2)
  • 4月(1)
  • 2022年
  • 9月(2)
  • 8月(1)
  • 7月(3)
  • この記事をシェアする
    シェアツイートLINEで送る
    一覧に戻る